◆時間のロスが少ない

教育格差の原因は塾や予備校などの施設が近くになく、学校以外の場所で誰かに教えてもらうことができないのも理由の1つだと言われています。しかし、教育格差の理由はそれだけではありません。もし塾や予備校があっても、通うのにかなりの時間がかかってしまうことが負担になるケースも少なくないようです。通学に時間がかかれば、それだけ別のことに時間を割けなくなるでしょう。

そうすると寝る時間や自由時間を削るようになるでしょう。通学に時間がかかる場合には、交通費も高くなります。スクールバスが通っていればまだよいのですが、塾や予備校の場合には自費で通うのが一般的と言われています。

このように時間の負担や経済的な負担も教育格差の原因になっているようです。バンザンではこのような負担を軽減するべく、EdTechという方法を取り入れているので、オンライン家庭教師による教育をどこにいても行うことができると言います。

◆自分のペースでリラックスしながら勉強する

オンラインなのでインターネットに繋がる環境さえあれば、場所を選ばずに勉強が可能なので、時間を無駄にしてしまうことはないでしょう。学校から帰ってすぐバンザンを利用すれば、塾や予備校に通う時間も全く必要ありませんし、自分のペースで勉強することもできるでしょう。

バンザンでは実際に塾に行って勉強するのと同じような寄り添い感がありますし、質の高い教育ができる講師も揃っていると言います。しかも低予算で利用が可能なので、経済的負担も軽減できるでしょう。もちろん交通費も一切必要ありませんし、インターネットは一定の料金を支払えば、どれだけ使っても料金が加算されることがないコースが現在では一般的と言われています。

バンザンを利用すれば自宅での授業となるので、堅苦しい格好をする必要もなく、部屋着でリラックスした状態で勉強できるのもメリットでしょう。

◆さまざまな負担の軽減になる

通学にかかる時間の負担軽減、交通費や授業料の負担軽減、さらには慣れ親しんでいる自宅でリラックスしながら勉強ができるので、ストレスの軽減にもなるようです。バンザンではこのように利用者の負担を軽減することにより、どこに住んでいる人でも安心して勉強をできる環境が整っているそうです。

インターネットでの授業では一方通行な会話しかできないと思う人もいるでしょう。バンザンはライブ教育なので、決して一方通行の会話になることもないそうです。コミュニケーションもバンザンでは重要視しているので、多くの人が講師とコミュニケーションを取りやすいと評価されているそうです。少しでも親の負担や子供の負担を軽減したいと考えているのであれば、バンザンを利用して勉強を行ってみるのがよいでしょう。