◆山間部や離島でも安心して勉強できる

都心に住んでいる人なら塾まで短時間で行くことができますし、自宅まで来ることが可能な家庭教師も多いので、学校以外でもいろいろな人に勉強を教えてもらうことができるでしょう。しかし、地方の山間部に住んでいる人や、人口が少ない離島に住んでいる人の場合には、近くに塾がないことも珍しくないようです。家庭教師に来てもらうのも難しい場合が多いでしょう。

そんなときにはEdTechを導入しており、インターネットに繋がる環境があれば誰でも勉強できるオンライン家庭教師を利用する方法があるそうです。中でもバンザンは地方格差をなくす教育を実施しているので、近くに塾がない、家庭教師に来てもらうのも難しいという人は、バンザンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

◆教育格差が出てしまう理由

地方に住んでいる人と、都会に住んでいる人の格差をなくすためには、教育の質も重要と言われています。バンザンには経験豊富な講師陣がいますし、有名な学校への進学を実現させた実績もあると言います。どこに住んでいてもバンザンの利用は可能なようなので、しっかりと勉強したいという意気込みと本人の努力があれば、都心の人と差がついてしまうことはないでしょう。

現在の日本は少子高齢化社会となっており、地方では子供の数が減少しているそうです。子供の数が減少しているということは、塾に通う人や家庭教師を利用する人も減っているので、塾や予備校自体が閉鎖されてしまうこともあるかもしれません。これが地方と都会の教育格差を生み出す理由の1つとなっているそうです。

◆時間を有効活用できる

バンザンでは日本全国どこでもインターネットに繋がる現在の環境を利用し、オンラインによる教育を導入していると言います。オンラインの導入でライブ教育も可能になっているので、リアルタイムでバンザンの講師と実際に塾で教えてもらっているのと同じような授業が可能になるそうです。

もしわからないことや聞いておきたいことなどがある場合も、メールでは返信が来るまで時間がかかるでしょう。それに対してリアルタイムのライブ教育であれば、その場でバンザンの講師に質問をして回答が得られるとのことです。無駄な時間がかなり削減されるので、その分勉強に時間を割くこともできるでしょう。

地方に住んでいる人は、通学にかなりの時間を必要とする人もいるそうです。朝起きて学校に行き、帰ってきたらもう夕飯という人もいるでしょう。バンザンは夜でも勉強が可能な体制になっているので、夕飯を終えて一休みしてからでも勉強が可能だそうです。あとは本人のやる気次第で、地方との格差が大幅に減少されると言えるでしょう。