◆マンツーマンの授業

バンザンはオンラインを利用して効率的で最新の教育を行っているようです。そんなバンザンのオンラインライブは、大きく分けると2種類あるそうです。1つ目はマンツーマンによるオンライン家庭教師になります。通常家庭教師というのは、自宅に来て講師と受講者の2人きりで勉強を行います。そのため、受講者に合わせた勉強ができるというメリットがあるのですが、このメリットを活かした教育だと言えるでしょう。

自宅から一歩も出る必要がないので、遠くにある塾などに通う必要もありませんし、天候の良し悪しも全く関係ないでしょう。元々バンザンは訪問型家庭教師のサービスを行っていたので、その経験を十分に活かしたサービスを行っているとのことです。

◆効率的な勉強の方法

よくオンライン教育でEラーニングという言葉を聞くことがあるでしょう。Eラーニングは一方通行の授業になるので、何度も繰り返し同じところを勉強するのには適しています。しかし、質問したいことがあったり、わからないことがあったりした場合には、リアルタイムでの質問ができません。

それに対してバンザンはEdTechというITと教育を掛け合わせた授業を行っているので、コミュニケーションもしっかりと取れるそうです。当然質問もリアルタイムで行えるので、効率的な勉強が可能だそうです。

◆少人数の受講者を指導

そしてバンザンが行っているもう1つの勉強方法は少人数指導だそうです。学校や予備校のようにたくさんの人が1つの教室に集まって行う勉強とは違い、人数が少ないので講師に質問もしやすく、モチベーションのアップにも繋がるそうです。もちろんバンザンでの少人数指導はオンラインなので、どこにいても受講できるのはマンツーマン指導と同じです。少人数でも自分の周りに知らない人がいるわけではないので、落ち着いて自分のペースで勉強することが可能になると言います。

少人数指導のメリットとしては、住んでいる地域が全く異なる人たちと一緒に学べること、リーズナブルな価格で利用ができる点でしょう。1対1の対面授業の場合、1人に対して1人の講師が必要になるので、どうしても人件費が必要になると言います。それに対して少人数指導の場合には、少数とは言え複数の人に1人の講師が必要となるので、人件費を抑えることができるとのことです。

その分受講者も安い価格で授業が受けられるので、経済的な負担を軽減することもできるでしょう。バンザンではどちらのコースでも授業内容が大きく変わるわけではないので、少人数指導であってもマンツーマン指導であっても同じく高レベルの教育が可能になっているようです。