Date

日本中どこにいても受けられるオンライン教育

◆どこの地域でも自宅で勉強できる

自宅で勉強を教えてもらいたい場合、家庭教師に依頼することが多いでしょう。しかし、どこのエリアに住んでいても勉強を教えに来てもらえるわけではありません。家庭教師は勉強を教えに行ける範囲が決まっているので、都心なら自宅に来てくれる家庭教師を見つけるのは簡単でしょうが、地方の山間部に住んでいる人や離島に住んでいる人では難しいと言います。

そんなときにはオンライン家庭教師を利用するのがよいでしょう。そうすればどこの地域に住んでいたとしても、インターネットに接続できる環境が整っていれば利用できるからです。

いつどのような場所にいても勉強ができ、自分を受け持ってくれる講師によって教育の質に差が出ることが殆どないEdTechが近年注目されていますが、バンザンではすでに導入されているので、自宅で勉強したいと考えている人は利用してみるのもよいでしょう。

◆塾と同等の勉強が自宅で行える

バンザンは都心部に住んでいる人だけではなく、塾に通ったり家庭教師に依頼したりするのが難しい離島や地方に住んでいる人でも高レベルな勉強が学校以外でもできるように、教育の幅を広げている会社だそうです。もっとたくさん勉強したいけれど、教えてくれる人がいないから難しいという場合でも、バンザンを利用すれば実際に塾に通っているのと同等かそれ以上の勉強が可能なようです。

バンザンのような教育方法が可能になったのは、インターネットの常時接続が可能になったからだと言われています。定額料金を支払えばどれだけ利用しても料金が上昇せずに、時間を気にしないで安心して利用できる時代になったからこそ、バンザンのような教育方法が実現したのだと言えるでしょう。

◆オンラインでライブ教育が可能

一般的な通信教育の場合、テキストを購入して自宅で問題を解き、終わったら所定の住所に配送をして、採点やアドバイスをしてもらうという方法になっているようです。それに対してバンザンの場合には、オンラインのライブ教育で実際に授業を受けているのと同じような勉強が可能だそうです。

人によっては直接面と向かって話すのは苦手だけれども、画面上で話すのであればそこまで苦手意識はないという人もいるでしょう。もちろんどちらも変わらないという人もいるでしょうが、バンザンではコミュニケーションが苦手な人でも勉強がしやすいように配慮しているので、安心して授業を受けることができるでしょう。

山奥や離島に住んでいるので、学校に通うだけで精一杯という人でも、家に帰って時間があるときに受講が可能なバンザンであれば、自分のペースで無理のない学習が可能なようです。勉強はただ長時間行えばよいわけではなく、効率的に行うことが大切なので、好きな時間に自分から進んで勉強ができる環境が整えられているのは、学力向上には欠かせないと言えるでしょう。

推薦入学の対策も行っている

◆推薦入学対策のオンライン講座

高等学校や大学などの受験には、一般入試と推薦入試があります。現在殆どの塾や予備校では、一般入試の対策を行っていると言われています。では、推薦入試を行う予定の人は、どのような勉強や対策をすればよいのでしょうか。それを教えてくれるのがバンザンです。一般入試の場合には、都会であれば塾や予備校に通う方法や、家庭教師に勉強を教えてもらう方法があるでしょう。

バンザンでは塾や予備校がない地域でも、オンライン家庭教師による教育が受けられます。それに対して推薦入試を目指す人は、今までは自分で対策を練るしかない状態だったそうです。バンザンではEdTechの導入によって、地方の教育格差を軽減させたように、推薦入試を目指す人でもプロによる教育を受けられるように、日本で初めて推薦入試対策の受講を受けられるようにしたとのことです。

◆推薦対策の授業も日本全国どこからでも受けられる

受講方法はオンラインになるので、都心部の人しか受けられないことはないようです。地方の山間部に住んでいても、離島に住んでいてもバンザンの講師による授業を受けられるので、教育格差も生まれないでしょう。1人の講師に5人の受講者で授業を行っていくのですが、これは2020年3月の時点での話なので、今後年月の経過とともに変わる可能性があるかもしれません。

オンライン教育と聞くと、通信教育のようにテキストを購入して問題を解き、できたら所定の場所に郵送して添削してもらうと思う人もいるでしょう。バンザンではこのようなEラーニングは行っていないので、ライブによって実際の授業と同じような教育を行っているようです。推薦入試ではどのような対策をすればよいのかをきちんと教えてくれるので、受講すれば安心できるでしょう。

◆推薦入学をする人は増加傾向にある

なぜバンザンでは推薦入学の対策を行うようになったのでしょうか。それは現在の社会情勢が物語っていると言います。高等学校でも推薦入学をする人はいますが、特に大学は44パーセントの人が推薦入学で進学しているそうです。それなのに一般入試の対策はきちんと行えるけれど、推薦入試の対策は行えないようでは、一般入試をする人と推薦入試をする人との格差が生まれてしまうでしょう。

地方によって教育格差が生まれることを解消するためにオンラインライブ教育を行っているバンザンなので、推薦入試の対策ができるようなコースを設けるのが必然的だと言えるでしょう。もちろんAO入試の対策も行っているので、AO入試で入学したいと考えている人にも役立つ授業が行われているようです。最近はAO入試も増えてきているので、対策をするならバンザンを選ぶのがよいでしょう。

管理人おすすめサイト→→→ プロ家庭教師・オンライン講師を全国募集|メガスタ・一橋セイシン会(バンザン)

格差をなくす勉強方法を推進

◆山間部や離島でも安心して勉強できる

都心に住んでいる人なら塾まで短時間で行くことができますし、自宅まで来ることが可能な家庭教師も多いので、学校以外でもいろいろな人に勉強を教えてもらうことができるでしょう。しかし、地方の山間部に住んでいる人や、人口が少ない離島に住んでいる人の場合には、近くに塾がないことも珍しくないようです。家庭教師に来てもらうのも難しい場合が多いでしょう。

そんなときにはEdTechを導入しており、インターネットに繋がる環境があれば誰でも勉強できるオンライン家庭教師を利用する方法があるそうです。中でもバンザンは地方格差をなくす教育を実施しているので、近くに塾がない、家庭教師に来てもらうのも難しいという人は、バンザンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

◆教育格差が出てしまう理由

地方に住んでいる人と、都会に住んでいる人の格差をなくすためには、教育の質も重要と言われています。バンザンには経験豊富な講師陣がいますし、有名な学校への進学を実現させた実績もあると言います。どこに住んでいてもバンザンの利用は可能なようなので、しっかりと勉強したいという意気込みと本人の努力があれば、都心の人と差がついてしまうことはないでしょう。

現在の日本は少子高齢化社会となっており、地方では子供の数が減少しているそうです。子供の数が減少しているということは、塾に通う人や家庭教師を利用する人も減っているので、塾や予備校自体が閉鎖されてしまうこともあるかもしれません。これが地方と都会の教育格差を生み出す理由の1つとなっているそうです。

◆時間を有効活用できる

バンザンでは日本全国どこでもインターネットに繋がる現在の環境を利用し、オンラインによる教育を導入していると言います。オンラインの導入でライブ教育も可能になっているので、リアルタイムでバンザンの講師と実際に塾で教えてもらっているのと同じような授業が可能になるそうです。

もしわからないことや聞いておきたいことなどがある場合も、メールでは返信が来るまで時間がかかるでしょう。それに対してリアルタイムのライブ教育であれば、その場でバンザンの講師に質問をして回答が得られるとのことです。無駄な時間がかなり削減されるので、その分勉強に時間を割くこともできるでしょう。

地方に住んでいる人は、通学にかなりの時間を必要とする人もいるそうです。朝起きて学校に行き、帰ってきたらもう夕飯という人もいるでしょう。バンザンは夜でも勉強が可能な体制になっているので、夕飯を終えて一休みしてからでも勉強が可能だそうです。あとは本人のやる気次第で、地方との格差が大幅に減少されると言えるでしょう。

時間や経済的負担を軽くできる

◆時間のロスが少ない

教育格差の原因は塾や予備校などの施設が近くになく、学校以外の場所で誰かに教えてもらうことができないのも理由の1つだと言われています。しかし、教育格差の理由はそれだけではありません。もし塾や予備校があっても、通うのにかなりの時間がかかってしまうことが負担になるケースも少なくないようです。通学に時間がかかれば、それだけ別のことに時間を割けなくなるでしょう。

そうすると寝る時間や自由時間を削るようになるでしょう。通学に時間がかかる場合には、交通費も高くなります。スクールバスが通っていればまだよいのですが、塾や予備校の場合には自費で通うのが一般的と言われています。

このように時間の負担や経済的な負担も教育格差の原因になっているようです。バンザンではこのような負担を軽減するべく、EdTechという方法を取り入れているので、オンライン家庭教師による教育をどこにいても行うことができると言います。

◆自分のペースでリラックスしながら勉強する

オンラインなのでインターネットに繋がる環境さえあれば、場所を選ばずに勉強が可能なので、時間を無駄にしてしまうことはないでしょう。学校から帰ってすぐバンザンを利用すれば、塾や予備校に通う時間も全く必要ありませんし、自分のペースで勉強することもできるでしょう。

バンザンでは実際に塾に行って勉強するのと同じような寄り添い感がありますし、質の高い教育ができる講師も揃っていると言います。しかも低予算で利用が可能なので、経済的負担も軽減できるでしょう。もちろん交通費も一切必要ありませんし、インターネットは一定の料金を支払えば、どれだけ使っても料金が加算されることがないコースが現在では一般的と言われています。

バンザンを利用すれば自宅での授業となるので、堅苦しい格好をする必要もなく、部屋着でリラックスした状態で勉強できるのもメリットでしょう。

◆さまざまな負担の軽減になる

通学にかかる時間の負担軽減、交通費や授業料の負担軽減、さらには慣れ親しんでいる自宅でリラックスしながら勉強ができるので、ストレスの軽減にもなるようです。バンザンではこのように利用者の負担を軽減することにより、どこに住んでいる人でも安心して勉強をできる環境が整っているそうです。

インターネットでの授業では一方通行な会話しかできないと思う人もいるでしょう。バンザンはライブ教育なので、決して一方通行の会話になることもないそうです。コミュニケーションもバンザンでは重要視しているので、多くの人が講師とコミュニケーションを取りやすいと評価されているそうです。少しでも親の負担や子供の負担を軽減したいと考えているのであれば、バンザンを利用して勉強を行ってみるのがよいでしょう。

オンラインを使った最新の教育

◆マンツーマンの授業

バンザンはオンラインを利用して効率的で最新の教育を行っているようです。そんなバンザンのオンラインライブは、大きく分けると2種類あるそうです。1つ目はマンツーマンによるオンライン家庭教師になります。通常家庭教師というのは、自宅に来て講師と受講者の2人きりで勉強を行います。そのため、受講者に合わせた勉強ができるというメリットがあるのですが、このメリットを活かした教育だと言えるでしょう。

自宅から一歩も出る必要がないので、遠くにある塾などに通う必要もありませんし、天候の良し悪しも全く関係ないでしょう。元々バンザンは訪問型家庭教師のサービスを行っていたので、その経験を十分に活かしたサービスを行っているとのことです。

◆効率的な勉強の方法

よくオンライン教育でEラーニングという言葉を聞くことがあるでしょう。Eラーニングは一方通行の授業になるので、何度も繰り返し同じところを勉強するのには適しています。しかし、質問したいことがあったり、わからないことがあったりした場合には、リアルタイムでの質問ができません。

それに対してバンザンはEdTechというITと教育を掛け合わせた授業を行っているので、コミュニケーションもしっかりと取れるそうです。当然質問もリアルタイムで行えるので、効率的な勉強が可能だそうです。

◆少人数の受講者を指導

そしてバンザンが行っているもう1つの勉強方法は少人数指導だそうです。学校や予備校のようにたくさんの人が1つの教室に集まって行う勉強とは違い、人数が少ないので講師に質問もしやすく、モチベーションのアップにも繋がるそうです。もちろんバンザンでの少人数指導はオンラインなので、どこにいても受講できるのはマンツーマン指導と同じです。少人数でも自分の周りに知らない人がいるわけではないので、落ち着いて自分のペースで勉強することが可能になると言います。

少人数指導のメリットとしては、住んでいる地域が全く異なる人たちと一緒に学べること、リーズナブルな価格で利用ができる点でしょう。1対1の対面授業の場合、1人に対して1人の講師が必要になるので、どうしても人件費が必要になると言います。それに対して少人数指導の場合には、少数とは言え複数の人に1人の講師が必要となるので、人件費を抑えることができるとのことです。

その分受講者も安い価格で授業が受けられるので、経済的な負担を軽減することもできるでしょう。バンザンではどちらのコースでも授業内容が大きく変わるわけではないので、少人数指導であってもマンツーマン指導であっても同じく高レベルの教育が可能になっているようです。